ユニオンケミカー株式会社

JapaneseSpaceEnglish

会社沿革

ホーム › 会社沿革
1905年 (明治38年) 初代社長、小坂弥之助 創業
和式カーボン紙の生産
1920年 (大正 9年) 法人組織カーボンペーパー株式会社に改組
洋式カーボン紙の生産に着手
1950年 (昭和25年) 裏カーボン複写用紙の開発・生産を開始
1962年 (昭和37年) 新型樹脂タイプ複写用紙「ユニコート」(ノーカーボン紙)の開発・生産を開始
1963年 (昭和38年) 新型樹脂タイプ複写用紙「ハイコピー」の開発・生産を開始
1971年 (昭和46年) コンピュータ用端末リボン、タイプライターリボン、インクロールの生産を開始
本社および本社工場を大阪府枚方市へ移転
1973年 (昭和48年) レタリング用品「デカドライ」「アルファックレタリング」の日本総代理店になり、
輸入販売を開始(~2010年)
1978年 (昭和53年) 端末リボンのボンディング技術を開発、エンドレスリボンの生産を開始
1982年 (昭和57年) OA用フィルムリボンの生産を開始
刷毛タイプの修正ペン「ワンタッチ!」を発売
1983年 (昭和58年) サーマルリボンの生産開始
1984年 (昭和59年) 日本初!修正テープの基となるドライタイプの転写式修正シート「Fasto ファスト」を発売
1986年 (昭和61年) 社名をユニオンケミカー株式会社に変更
1987年 (昭和62年) 容器の押し加減で調整できる耐溶剤性プラスチック樹脂を用いた修正ペン「WEMEE ウイミー」を発売
1988年 (昭和63年) 増量タイプの修正ペン「修正ペン300」を発売
1989年 (平成 1年) 英国子会社:ユニオンケミカーU.K. Ltd.を設立
1990年 (平成 2年) OAペーパー「デカドライプリント」の開発・生産を開始(~2010年)
押して進めるタイプの修正テープ「消シマウスミニ」の開発・生産を開始
1991年 (平成 3年) 押し引きの2通りの使い方を提案した自動巻取り式の修正テープ「消シマウス2Way(ツーウェイ)」の開発・生産を開始
1992年 (平成 4年) 中国子会社:聯合事務用品<天津>有限公司を設立
米国子会社:ユニオンケミカーアメリカ INC.を設立
テープ交換式の修正テープ「消シマウスα(アルファ)」の開発・生産を開始
1993年 (平成 5年) トナーカートリッジのリサイクル「トナーリペアシステム」の開発・生産を開始(~2012年3月)
1994年 (平成 6年) カセット入り粘着テープ テープのり「グルーラ」の開発・生産を開始
1995年 (平成 7年) ペン型修正テープ「消シマウスβ(ベータ)」の開発・生産を開始
「インクジェットプリンタ用詰め替えインク」の開発・生産を開始(~2010年)
1996年 (平成 8年) デコレーションテープの先駆け 蛍光テープ「ピロス」の開発・生産を開始
アパレルタグ用サーマルリボンの販売を開始
1997年 (平成 9年) 品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001 の認証を取得 (※詳細は 会社概要の資格をご参照ください)
1998年 (平成10年) プラスチックカード用サーマルリボンの販売を開始
1999年 (平成11年) オランダ子会社:ユニオンケミカー ヨーロッパ B.V. を設立
環境配慮型の修正テープ「消シマウスe」の開発・生産を開始(~2010年)
2000年 (平成12年) ラージフォーマットインクジェットメディア「U-media」の開発・生産を開始(~2015年4月)
2001年 (平成13年) 「普通紙FAX用インクリボン」の開発・生産を開始(~2010年)
2002年 (平成14年) 食品日付用サーマルリボン の販売を開始
2004年 (平成16年) テープのり「グルーラ L」の開発・生産を開始(~2011年7月)
コールドラミネートフィルム「U-medifits」の開発・生産を開始(~2015年)
食品用インクジェットインクの開発を開始
2005年 (平成17年) 壁紙用メディア「U-media Wall」の開発・生産を開始
2006年 (平成18年) 極細ペンに対応したハイグレードなテープを搭載した修正テープ「消シマウスHG」の開発・生産を開始
2007年 (平成19年) 日本初!デコレーションにも使える色つき修正テープ「Colors カラーズ」の開発・生産を開始
「ホログラム ラミネートフィルム」の開発・生産を開始 (~2011年2月)
2008年 (平成20年) 新開発の強接着テープを搭載した、オシャレなテープのり「グルーラmini」(全面接着タイプ/ドットタイプ)の開発・生産を開始
2009年 (平成21年) 世界初、文字を目立たせるテープマーカー「Lines」の開発・生産を開始
強接着の薄膜テープを搭載した、大容量テープのり「グルーラ60」の開発・生産を開始
2011年 (平成23年) ハイグレードな「極薄」テープを搭載した修正テープ「消シマウスHG16」の開発・生産を開始
2013年 (平成25年) 中国子会社:友凝薄膜制品<上海>有限公司 を設立
2014年 (平成26年) 錠剤印刷用インクジェットインクの開発・生産を開始
メキシコ子会社:ユニオンケミカー メキシコ S.A. de C.V.を設立
2016年 (平成28年) 可食性インクジェットインクの研究開発を行う「可食性インク ラボ」を本社に開設し、
同製品の専用Webサイト「foodprint-ink.com」(フードプリント・インク.com)の運営を開始